熱中症とその対策 訪問マッサージ KEiROW札幌中央区ステーション

2019/07/08 ブログ

7月にやっと夏らしい気候になってきました。これからが夏本番です。

でも、高齢者にとっては熱中症などで危険な季節でもあります。

そこで、熱中症とその対策についてお話いたします。

◆高齢者の熱中症

ひとは体温が高くなりすぎないように汗をかき、平熱を保つために体温調整を行いますが、高齢者は体温調節機能が弱いため熱中症にかかりやすいといわれています。

一般に汗をかいて脱水状態がすすむと、のどが渇き自然と水分補給をしますが、高齢者は脳での察知能力が低下しているため、のどの渇きを感じにくくなるといわれています。

熱中症は、重症化すると死に至る可能性のある病態です。予防法を知り未然に防ぐこと、また早期発見・早期対応が重要です。

今回は、気にすべき熱中症の症状と高齢者のための熱中症予防法をご紹介いたします。

 

◇熱中症の危険信号!

・高い体温  ・めまい、吐き気  ・赤い、熱い、渇いた皮膚(まったく汗をかかない、触るととても熱い)  ・ズキンズキンとする頭痛  ・意識障害(応答が異常、呼びかけに反応がない)

上記のような症状がでたら、熱中症を疑いましょう!

・涼しい場所へ、体を冷やす、水分・塩分を補給、医療機関を受診する。

 

□高齢者の熱中症予防法をご紹介します!

①のどが渇かなくても早め早めにコマメな水分補給を心がけましょう。

②部屋の温度をこまめにチェック!28℃前後にしましょう!

*エアコンを積極的に使用しましょうね~

③1日1回汗をかく運動で体温調節能力を改善

*ラジオ体操、ウォーキングなど少し汗ばむような運動を行うと体の能力が高まります。

 

このような予防法を心掛けてこの夏を元気に乗り越えましょう!

私たちKEiROW札幌中央区ステーションは、このようなアドバイスや見守りを積極的に行っておりますので、是非、ご利用ください!