生活習慣病 脂質異常症(高脂血症)について 訪問マッサージ KEiROW札幌中央区ステーション 札幌

2019/10/03 ブログ

生活習慣病は大病のもとです。
そこで、ご利用者様にも多い脂質異常症(高脂血症)についての予防法などをお教えいたします。

●脂質異常症とは❓

脂質異常症とは、血液中のLDL(悪玉)コレステロールやトリグルサライド(中性脂肪)が過剰な状態または、HDL(善玉)コレステロールが少ない状態をいいます。その中でも動脈硬化と関連が深いのはLDLコレステロールです。

LDLコレステロールが必要以上に存在すると血管にコレステロールが蓄積され、動脈硬化を起こし、詰まったりします。

これが、心臓で起こると狭心症や心筋梗塞になり、脳で起こると脳梗塞になります。

血液中のLDLコレステロールを下げるためには、食事療法、薬物療法をバランスよく行うことが重要です。

 

●血中の脂質の種類
・総コレステロール:血液中のすべてのコレステロール
・LDL(善玉)コレステロール:肝臓から身体の組織などにコレステロールを運ぶ役目
・HDL(善玉)コレステロール:余分なコレステロールを身体組織から回収する働きがあります。
・トリグリセライド(中性脂肪):エネルギーとなります。食後に高くなります。

 

●脂質異常症予防・改善の食事
①高LDL(悪玉)コレステロール血症の人が注意したい食品
・控えたほうが良い食品は、脂肪含有量の多い肉、動物性脂質(バター、牛脂、ラードなど)、乳類、内蔵類、卵類です。
・注意したい料理は、揚げ物や卵を多く含むもの
 とんかつ、エビフライ、ピザ、親子丼、うな重、オムライスなど

②高LDL(悪玉)コレステロール血症の人におすすめしたい食品
・食物繊維を多く含む、野菜、海藻、きのこです。
・タンパク質としては、青魚、大豆製品、ささみ肉がおすすめです。
・油を使う場合は、オリーブオイルなどにしましょう!

③高トリグリセライド(中性脂肪)血症の人は糖分やお酒を控えめに!
・糖分の多い、お菓子、ジュースは控えめに、お酒は1日ビール1本程度にしましょう!

●日常生活を見直しましょう
①運動を生活に組み込みましょう
運動は、中性脂肪を低下させ、HDL(善玉)コレステロールを上昇させる働きがあります。短時間でも毎日続けたほうが効果があります。「継続は力なり」です。
②体重をコントロールしましょう
標準体重になるよう、定期聖なエネルギー量を摂取しましょう。
食事と運動をバランスよく、食べ過ぎに注意しましょう。
③睡眠を十分にとり、リラックスした時間を持ちましょう。
ストレスがたまると、ストレスと戦うために血糖値や血中の資質が上がってしまいます。リラックスする時間をとり、ストレスをためないようにこころがけましょう!
④タバコはやめましょう。
タバコをやめるだけで心臓病発症の危険性は半減するといわれています。
「百害あって一利なし」ですね。

 

このように脂質異常症はほおっておくと、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などの危険につながります。
上記のような食事療法や運動療法でもコレステロールが下がらない場合は、病院へ相談し、薬物治療も並行して行ってください。

今一度、自分の生活習慣を見つめ直し、健康を手に入れていきましょう!

 

このように私たちKEiROW札幌中央区ステーションでは、病気に関する注意喚起を行っています。
何かご相談がございましたら、いつでもご連絡ください。

 

***********************************

KEiROW札幌中央区ステーション

住所:札幌市中央区南4条東1丁目4-1 フォーシーンビル211号室

TEL:011-556-1226
FAX:011-312-3569

***********************************